About

T5 台湾書籍設計最前線 | プロジェクトについて

はじめに

本ウェブページは、台湾の文化を海外に広める「台湾文化光点計画」のもと、2013年より東京藝術大学美術学部と台湾文化部(文化省)が共同で進めている「台湾・日本芸術文化交流事業」の2015年度プロジェクトとして制作されたものある。2015年度プロジェクトでは、いま活況を呈している台湾のブックデザインに焦点を当てて、以下の3つの企画を実現した。

1)書籍『T5』を東京藝術大学出版会から刊行。2015年11月下旬発売。
2)日台デザイナー交流シンポジウムの開催。2015年11月9日東京藝術大学にて。
3)ウェブページ「T5」作成。

ウェブページ「T5」は、台湾の5組のグラフィックデザイナーの仕事を紹介する。インタビューは2015年7月29日〜8月3日、台北にある彼らのスタジオに訪問して収録した。写真はすべて撮り下ろしである。

原稿は書籍『T5』と同じである。書籍『T5』では限定1000部で台湾では買い物袋などに広く使われている樹脂製メッシュ素材を使うなど特別な装幀を施している。

ウェブページは限定版の書籍の内容をより広く人に知ってもらうために制作したものである。有料コンテンツの書籍と無料コンテンツのウェブページの差別化するために、書籍のほうには、活字販売鋳造所と出版社の取材記事、台湾装幀史研究家によるエッセイなども掲載している。

タイトルのT5は「TAIWAN 5」「TOP 5」の意味をかけたものである。単に斬新な表現が得意だからこの5組のデザイナーを選んだわけではない。斬新な表現の背後に根拠と思想がしっかりと根づいている。台湾のトップはこの5組ということでなく、5組5様に際立っていて、それぞれがトップなのである。そのことは彼らがデザインへの熱い思いを語ったインタビューを読んでいただければ、きっと理解していただけるはずである。